099H262 「焼き物」木葉天目四ツ葉 | お礼の品をさがす | 泉佐野市ふるさと納税特設サイト「さのちょく」

お礼の品をさがす

  • 特産品番号
    099H262

099H262 「焼き物」木葉天目四ツ葉

ココがおすすめ!

木葉天目は中国の宋の時代に江西省永和鎮吉州窯で茶碗として焼かれ、陶器表面のガラス質部分の釉(うわぐすり)の上に、「木の葉」そのものを直接焼き込んで模様としたもの。窯のなかで木の葉が燃えて灰となり、その灰が釉に熔け込んで釉質が変わり、木の葉の模様となります。しかし、宋王朝の滅亡とともにその技術も滅亡し、現在の中国では「幻の技術」とされています。泉佐野市の陶芸家 番匠谷 武は、木(き)の葉以外の物でも模様を作れないかと模索、四つ葉のクローバーの模様を焼き上げる事に成功しました。しかも、野に咲く四つ葉のクローバーを探した上で、焼き込んでも四つ葉の葉、全てが模様として綺麗に焼き上がる事が希少です。四つ葉、全てが綺麗に浮き上がる、奇跡の逸品です。お祝いの品としてもいかがですか。

  • 必要寄附金額
    300,000
  • 数量

カートに入れる

  • 泉佐野市に在住の方には返礼品の発送はしておりません。
  • セット内容
    焼き物(盃)サイズ:直径約8cm×高さ約3cm
    ※手作りによる焼き物の為、色、サイズは、変化しますので予めご了承ください。
    ※画像はイメージです。
  • 発送方式
    常温
  • 配送事項
    入金確認後、1~3週間で順次発送
  • アレルギー表示
    特定原材料7品目および特定原材料に準ずる21品目は使用していません。

注意事項

原材料:土(泉佐野市)
製造地:泉佐野市

生産者・提供企業

  • Jimott合同会社