099H238 「日本遺産」泉州水なす釉と茅渟海ブルーのセット皿 | お礼の品をさがす | 泉佐野市ふるさと納税特設サイト「さのちょく」

3年連続(2017・2018・2019年)ふるさと納税寄附金額ダントツ日本一!

お礼の品をさがす

  • 特産品番号
    099H238

099H238 「日本遺産」泉州水なす釉と茅渟海ブルーのセット皿

ココがおすすめ!

陶芸家 番匠谷 武により創くられた佐野における歴史物語を秘めた焼き物。泉州水なす釉円型皿とその枠に沿う葉型の釉・茅渟海(ちぬのうみ ※大阪湾)の皿。円型皿は、泉佐野の農家さん提供の水ナスの灰を活用した釉薬を使用、上流貴族 九条家の荘園として約800年以上前から続く農村の景観を表現しています。また、葉型の皿は、江戸時代の北前船の寄港地・船主集落として繁栄を謳歌した豪商たちが茅渟海から大海へ渡る海と空、そして希望を表現した色彩、チヌウミブルー。別々に使用しても素敵ですが、円型皿の上に葉型の皿を重ねた遣い方もおしゃれな、いずれもこだわりの逸品です。

  • 必要寄附金額
    21,000
  • 数量

カートに入れる

  • 泉佐野市に在住の方には返礼品の発送はしておりません。
  • セット内容
    ・焼き物 
     ・円型中1枚(直径22cm・高さ:外ふち1.5cm/中ふち0.8cm)色:紫
     ・葉型皿1枚(横:19.5cm・縦10.5cm)
     ※長さのある個所のサイズ/色:茅野海ブルー   
     ※手作りによる焼き物の為、色、サイズは、変化しますので予めご了承ください。
     ※画像はイメージです。
  • 発送方式
    常温

注意事項

主な原材料:土
産地:泉佐野市