099H264 「焼き物」黄華窯変油滴天目茶碗 | お礼の品をさがす | 泉佐野市ふるさと納税特設サイト「さのちょく」

お礼の品をさがす

  • 特産品番号
    099H264

099H264 「焼き物」黄華窯変油滴天目茶碗

ココがおすすめ!

油滴天目茶碗は曜変天目茶碗と同じく、中国・南宋時代(12〜13世紀)の建窯(福建省)で作られたとされています。窯内で生じた斑紋が宇宙のようでもあり、玉虫色に光る油の斑紋のようでもあることからその名が名付けられ、内外全面に油滴と呼ばれる粒状の斑文が散らばり、貴金属のような輝きを見せるのも油滴天目の特性の一つです。油滴天目の特性上、一度に多くの器を手がけにくく、各々で見られる模様に差異があり、そういった希少性の高さやそれぞれに見られる模様が異なる点、日本文化のわびさび、幽玄に通じることから、歴史上では献上品として大変重宝されてきました。一般的には黒や青で制作されているものがほとんどですが、泉佐野市の陶芸家 番匠谷 武は黒油滴天目の基礎釉で焼成レシピを自在に操り、「黄華窯変油滴天目茶碗」を完成させました。番匠谷 武以外には作れない、貴重な油滴天目茶碗です。

  • 必要寄附金額
    3,000,000
  • 数量

カートに入れる

  • 泉佐野市に在住の方には返礼品の発送はしておりません。
  • セット内容
    焼き物(茶碗)サイズ:直径約11.5〜12cm×高さ約6.5cm
    ※手作りによる焼き物の為、色、サイズは、変化しますので予めご了承ください。
    ※画像はイメージです。
  • 発送方式
    常温
  • 配送事項
    入金確認後、1~3週間で順次発送

注意事項

原材料:土(泉佐野市)
製造地:泉佐野市

生産者・提供企業

  • Jimott合同会社