泉佐野市のためにやったろうやないか! | いてまえ!泉佐野 | 泉佐野市ふるさと納税特設サイト「さのちょく」

3年連続(2017・2018・2019年)ふるさと納税寄附金額ダントツ日本一!

いてまえ!泉佐野

泉佐野市の人気のお礼の品を作る
生産者の皆さんを取材!

  • 2021/03/29

泉佐野市のためにやったろうやないか!

泉佐野市と同じ昭和23年創業の織布工場からスタートした繊維メーカー商社。
寝具の王様 羽毛ふとんに挑戦
泉佐野市で四代目社長が挑む、羽毛布団とは。

インタビュー先

織布メーカーが、羽毛布団に挑戦

泉佐野市で生まれ育ち、学生時代を東京で過ごした北浦社長。
卒業後地元に戻り、再び地元との人たちとの関係を築くなかで、商工会議所の先輩から「泉佐野市のふるさと納税に参画してみてはどうか」と言われたことがきっかけで泉佐野市のふるさと納税に返礼品を提供することに。泉佐野市役所のふるさと納税担当者との協議によって、株式会社丸幸は羽毛布団の生産に挑むことになりました。

泉佐野市のため、泉佐野市役所の熱意に応えるため、復活記念に華を添えようと思った

右がポーランド産ホワイトグース。
ポーランド産ホワイトグースは、かさ高性や保温性・風合いといった全ての面に優れ、ダウンボールが大きく弾力性に富み、羽毛の中でも世界的に特に高い評価を得ています。
このポーランド産ホワイトグースを使った羽毛布団を、泉佐野市のふるさと納税復活記念に華を添えようと、挑戦することにしました。

ポーランド産ホワイトグースの羽毛を一枚一枚丁寧に吹き込みます

ふわふわで柔らかいポーランド産ホワイトグースの羽毛。
ちいさな上質のダウンボールが、中でふわーっと広がるのでふかふかな羽毛ふとんに
泉佐野市のふるさと納税に提供している羽毛布団は、検証をかさねた結果、快適に眠れるボリュームまで充填しています。

泉佐野市から最高品質の羽毛布団を日本全国へ。

側生地のスペック、水鳥の種類、ダウン率、ダウンパワー、羽毛の充填量にこだわり、泉佐野市の返礼品として丸幸ならではの一級品をお届けしたい。
泉佐野市の産業やクオリティの高さを日本全国の人に知ってほしい、そう思いながら毎日最高品質の羽毛布団を作り続けています。

奇しくも株式会社丸幸は泉佐野市と同じ昭和23年に合名会社丸幸北浦職布工場として創業しました。
織布工場発祥とした起点に戻って、モノづくりの基本や人の繋がりを大切に、時代のニーズと生産者の思いを結びつけ、そしてその再発見から企画開発したお礼品を通して、ふるさと納税の寄付者様にもその思いや喜びを伝え続けていきたい、と北浦社長は語ります。

ポーランド産ホワイトグース

ポーランド産ホワイトグース DPP(ダウンパワー)380を贅沢に使用。
ふんわりした羽毛を一枚一枚丁寧に吹き込み作られています。
冬は暖かく、夏は湿気を吸収発散するので一年中快適に過ごす事ができます。